速 読 ? ?

ピアノの上達に読譜力は絶対条件、音符カードは必須アイテムです。

初めが肝心と言うことで、新しい生徒さんには入会と同時にお母さん方にもご協力をお願いし、計32枚の音符カードを作成してもらいます。
入会時は生徒さんも親御さんも意欲的に作成して下さいます。

1枚に8個の大譜表が書いてあるA4用紙を4枚、1枚を8等分にし、台紙代わりに牛乳パック・カレー・レトルト・アイスクリームの空箱等を利用しのり付けします。計32枚のトランプ状のカードに4オクターブ分の音を書き、カードに穴を開けカラーリングを通せば出来上がり!!

子供たちは各々のオリジナルのカードをめくりながらひたすら速読練習です。カードをめくるにも脱力と両手使いの器用さが必要で、目標タイムはその子のめくる手のスピードに設定します。毎週少しずつタイムを上げていき、めくれるタイムに近づけます。目と頭と手と口の連携プレーがスムーズになってくると、音読スピードもアップし、3ヶ月もすれば4オクターブも制覇、32枚を30秒以内でクリアー出来るようになります。

しかし現実は甘くなく、32枚30秒をクリアーしても楽譜になった途端、読譜スピードは大幅にダウン。大きさ、音価の違い、集合体になる事で交通渋滞が起きてしまうようです。渋滞解消にはかたまり読みや先取り読み、あの手この手の読譜トレーニングを繰り返し行います。今日も明日も明後日も憧れのショパンやリストに近づくために・・・

I.Aちゃんとお母さんの共同制作オリジナルカードです。やる気モードも全開になりますね!!
IMG1607211